男性会社員 育休の壁

育児

前回の記事でも書いたが、私は子供が生まれたら絶対に育休を取りたいと思っていたし、
現在、育休中であり、とてもありがたい状況だと会社と職場メンバーに感謝している

自分の部署を見ても男性育休率は、とても低く感じたので、色々と調べてみた

【男性育休取得率推移】
2021年・・・13.97%
2020年・・・12.65%
2019年・・・7.48%

目標(2025年:30%)に対しては、まだ遠いがここ数年で飛躍的に育休取得率が向上している

あと自分が一番気になっていたのが、育休取得期間である
なんと8割の人が1か月未満。。。2週間未満の人が5割。。。
2週間でも取得できるのはありがいことだが、まだまだ男性の育休取得は難しいものだと感じる

ちなみに、とあるアンケート結果によると男性会社員の約8割が育休を取得したいと答えている
だが実際の取得率は14%と理想と現実のギャップはかなり大きい。

男性会社員が育休を取得しない・できない理由として以下4つが主な要因
1、職場が人手不足等で忙しい 38.5%
2、職場の雰囲気的に取得しずらい 33.7%
3、自分にしかできない仕事がある 22.1%
4、収入の減少やキャリアへの影響が不安 16.0% 

私も育休取得前は、法改正や会社の方針的にも育休は取りやすいのかなと考えていたが、
実際にそうではなかった。

制度としては存在するが、やはり先ほど述べたような様々な壁がある。
実際に私は早い段階から職場のメンバーにアピールしていたが、やっぱり男性からはネガティブな意見が多かった(逆に女性からはめちゃくちゃ応援された)

まだまだ、男性の育休取得率は低く、職場や上司としても前例や経験がないので、なかなか理解できない・どうして良いのかわからない部分もあると思う。それでも誰かが取得しないと負のループでいつまで経っても制度を活用できない
育休取得の先駆者になりたい。笑

現在「異次元の少子化対策」で実質手取りのアップなどが言われており、ありがたいなと感じるが
そもそも育休を取得できる人を増やすためにどうすれば良いのか、ここの部分が
一番難しく課題も多いと感じる。制度が充実していても、実際に使えないと意味がない

自分も今の職場や業務でなかったら、取得できていなかったな~~~
どうすれば、男性の育休取得率が向上するのでしょう。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました