【公開】男性社員 育休のボーナス

お金事情

私は、第一子の出産により5月から7月末まで育休を取得しています

男性の育休取得期間の平均は1か月くらいらしいが、出産後3か月が大変な時期だという
情報を見たことあったので3か月取得することにした

奥さんと一緒に育児をしたいと思い、育休を取得すると子供ができる前から決めていました

でもやっぱり気になるのが、育休中の収入
育児休業給付金や育休中にもらえるボーナスがいくらもらえるのかとても気になって調べてみた

特にボーナスに対しての社会保険料免除がどうなるのか

以前はボーナス支給月の最終日に育休を取得すれば社会保険料が免除されるという   抜け穴もあったが、2022年10月から育児休業等期間中の社会保険料免除要件が  見直されボーナス支払月の末日を含んだ連続した1か月を超える育児休業を取得した場合に免除されるらしい

だから、育休を7月30日に育休を終了すると非常にもったいない

実際に今回、ボーナスが支給されたので、これから育休を取得するかもしれない男性会社員のためにボーナスに対しての税金がどういう風になるのか実例で紹介したいと思います

23年夏季賞与(今回)                                     総支給額:1,064,000円
手取り :1,014,301円(+236,505円)

【控除額】
雇用保険料:6,384円
所得税  :43,315円(税率:4.084%)

22年冬季賞与(前回)
総支給額:1,017,751円
手取り :777,796円

【控除額】
雇用保険料  :5,088円
健康保険料  :32,517円
厚生年金保険料:93,330円
所得税    :109,020円(税率:12.252%)

前回と比べると一目瞭然だが、やっぱり税金ってすごいな。笑
総支給が増えたのもあるが、それ以上に税金が免除されて手取りが約20万円も増えた

育休を7月末まで取得しているので、健康保険料と厚生年金保険料だけ免除されると思っていたが、
まさか所得税まで安くなるとは思ってなかったので、すごくお得な気分

なぜ、所得税が減税されているのが、理由はよくわかっていないがラッキー。笑

育休を3か月取得していて冬のボーナスが半分になるのでしっかりとその分の積立と
来年から始まる新NISAに資金を回せるよう確保したいと思います

まだ育児休業給付金は入っていないので(いくらもらえるかも不明)そっちも実際にいくら    給付されるのかわかったら、また公開したいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました